忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/24 16:40 】 |
オリキャラ「実は…」バトン
追記からどうぞ。
◆オリキャラ「実は…」バトン◆

■回してくれた方は誰ですか?
シンさんのところから強奪してきました。

■指定されたキャラをフルネームでどうぞ。
アムルスはやっていますしタナトスは今更なので、ここはあまり語ってないネメシスで行きます。

ネメシス=グリーシリア

■そのキャラの生みの親歴は何年?
タナトスと同じ時期に生まれたことから5~6年ぐらいは経っているかと。

■手、かかります?
全く持ってその通りでございます。一種のトラブルメーカー。
他人を小馬鹿にするかのような言動を取ったり、思ったことをズバズバ言う悪癖ありますから。そこら辺のモデルは学園ドラマなどに出てくる女子高生です。
さらに優等生タイプ大嫌いなので、そういう人には場合によっちゃ正面切って食って掛かったりします。あと軽度の貴族や王族嫌い。世間知らずの貴族、王族はど真ん中ストレートです。大嫌いでボコりたくなるとか。

■では、そのキャラの基本的なプロフィールからお答え下さい。
名前:ネメシス=グリーシリア
年齢:7~8歳(外見年齢は22~24)
性別:男(ただし女顔負けの美形)
身長:186cm(タナトスもそうですが、基本的にオリジネイター達の身長から3cm引いたのがネメシスとタナトスの身長。これはきちんとした理由がありますけど)
例:ネメシス→189cm-3cm=186cm
タナトス→188cm-3cm=185cm
種族:ジラーキン(精霊殺し)~人の手によって創られた人間~
職業:暗殺者(テロ組織の構成員にして幹部の一人)
性格:捻くれ者にして残虐、そして退廃的。子供っぽい一面もあるが、基本的に斜に構えている。人間不信で他人の好意を素直に受け取るどころか貶す。さらには利用する一面もある。
外見:銀髪と紅眼、ちなみに髪はロングヘアーで背中辺りまである。(これはオリジネイターと同一視されるのが物凄く不愉快で嫌いなため。タナトスも似たような理由で、すぐ見分けが付くようにセミロングにしている)

■では次に、「実は…」なプロフィールを。
・毎晩毎晩オリジネイターから流れていく“負の感情”に苦しめられている。そういうことから常に情緒不安定で荒れるところも。
・オリジネイターを殺さない限り、永遠にこのことは続いていくことから、自分の人生を“永遠の生き地獄”と称し、何の価値も見出してない。
・他人の命どころか、自分の命すらも大事にしない。目的を達成するためなら平然と命を差し出し、他人にもそれを強要する。
・有り体に言えば“クローンキャラ”。タナトスとはそこが違う。
・人間の救いようもない一面やヴァンパイア一族の負の面を知ったことにより、人間不信に陥る。基本的に他人を信用していなく心を開くことは稀。
さらに貴族や王族には敵意剥き出しで食って掛かる。また優等生タイプも同様。世間知らずの貴族・王族は一番大嫌いなタイプらしい。
・自分の身体や顔が嫌いなようで、オリジネイターと見分けが付きやすいように、わざと髪を長くしている。また死神と呼ばれるのを何よりも嫌う。
・偽善なことも大嫌いで、花畑も見るのが辛い。これは人間の汚い一面や世界の負の面を誤魔化して綺麗な面だけを取り繕って見せているという考え方から。逆に荒地や荒野などは、ありのままを見せているということで好きらしい。
・その実、精神面では意外と脆く他人に依存しないと生きていけない。心を開いた人に対しては子供のように甘えて依存する。皮肉にもそこはオリジネイターと同じになった。本人は無自覚なのだが…。
・サディストでかつ若干マゾヒスト。
・一人称を使わないで“ネメシス”と呼ぶのは、自分自身すらも“他人事”にしか見てない証拠。
・肉体に潜んでいる問題や欠陥は、タナトスと全く同じ。
・天然タイプは苦手で調子狂うらしい。一番の天敵なのかもしれない。
・某同盟(交流用)ではその点が大分和らぎ、今では“単なるシスコン兄貴”と化している。“妹たちを嫁に貰いたいなら、まず俺を倒せ!”と言わんばかりに溺愛している。

■ではでは、このバトンで初めて明かす、キャラの「実は…」を1つどうぞ。
ほとんど明かしてしまいましたから、あまりないかな。

■指定されたキャラの誕生秘話ってありますか?
タナトスと同じように、初めはなり茶専用のただの取り分け設定も何もない敵キャラだった。
タナトスと名前が逆で当初はネメシスがタナトスという名前。
フェザーさん(冬咲さーさん宅)を引き立たせるべく、正反対のキャラが必要になったことから、引っ張り出して設定付けていった。でも逆に貶している感も否定できない。
当初のモデルは、第三次スーパーロボット大戦αに出てきた敵キャラ“キャリコ・マクレディ”、次にイメージしたのがゲーム“テイルズ・オブ・ジ アビス”に出てくる敵キャラ“烈風のシンク”。
今のイメージはFF9に出てくる敵キャラ“クジャ”とFF6に出てきた敵キャラ“ケフカ”を足して2で割ったような感じ。

■お疲れ様でした。最後に回す人と、そのキャラさんで隠れたプロフィールを知りたい人を指定しちゃって下さい。

ご自由にどうぞ。

↓お読み下さったら、押していただけると嬉しいです。

↓ポチっと押してやってくださいな。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ
PR
【2010/09/15 15:49 】 | オリキャラ | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<闇烈火~前書き | ホーム | メモ代わりのキャラ紹介(機神)。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>