忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/24 16:41 】 |
ディセイヴァーについて~2~
・冬咲さんが各ディセイヴァーの名前や人となりを設定してくれました。どうもありがとうございます! 素敵な設定の数々を作ってくれて深く感謝しております。この場をお借りして感謝の言葉を述べさせていただきました。

どうもありがとうございました!!

追記から、その内容についてとまた他の追加設定に関してです。今度は“神の依り代”を守る守護騎士に関わる設定と背景事情ですよ。
・冬咲さんからいただいたディセイヴァーの設定文。

・ディセイヴァー
※名前はルーミュオンの姓に変えていないということを前提で決めています。
 変えている前提ならば名字の部分をルーミュオンに変えてくださると嬉しいです。

・アイネ・エフヌング(初代ディセイヴァー)
銀髪碧眼の長身の女性。後世における教団の礎を築いたことから
最初のディセイヴァーでありながら一番の成功作と言われている。
笑顔等の表情は作れるものの感情が若干希薄で、若干機械的な冷たさを感じさせていた。
名前の由来は「始まり」を意味するドイツ語。

・バトン・ラピエサージュ(2代目ディセイヴァー)
青髪に赤い目の男性。初代の感情が希薄だったからか、感情豊かで穏やかな性格。
目立った活躍はなかったが着実に教団の勢力を広げた功労者。
名前の由来はバトンタッチのバトンと「継ぎ接ぎ」を意味するフランス語。

・ベリー・オプスキュリテ(3代目ディセイヴァー)
黒髪金眼の少女。創られた直後に新たな神の依代が生まれたため
そのまま始末され表舞台に立つことはなかった。故にどんな性格だったのかは明らかになっていない。
名前の由来は「bury(英語で「葬る」、発音はベリー)」と「闇」を意味するフランス語。

・ユレイル・シャドウ(4代目ディセイヴァー)
茶髪に紫の瞳をしたそばかすのある小柄な青年。当時の神の依代の影武者。
真面目で前向きな努力家で、神の依代の右腕にして親友とも呼べる存在だった。
色々な意味で神の依代の最初の守護者とも言えるかもしれない。
名前の由来は「shadow(影)」。

・カイン・ラース(5代目ディセイヴァー)
白髪に灰色の目をした青年。元々は優しく純粋な性格だったのだが
暗殺未遂や政権抗争に巻き込まれたため心に傷を負い性格が歪んでしまった。
そのため反ティエーラ教のテロ組織に組して戦争を起こし、当時の神の依代と相打ちになった。
名前の由来は旧約聖書「創世記」のカインと7つの大罪「憤怒」の英語訳。

・カグラ・ノーディラク・ノーヴァ(6代目ディセイヴァー)
金髪に翡翠の瞳の女性。刷り込みにより民を誰よりも想い慈しむ性格になっている。
後に自らの価値観を持ち、民のためを想い歴史の真実を伝える活動に出るが
秘密裏に処刑され、書き上げた書物は禁書とされてしまった。
名前の由来は神楽と「ノーバディ・ノークライ(皆殺し・死人に口なし)」のアナグラム。

※ここまでです。



・ガーディアンセイバー
 神の依り代を外部から守るために作られた守護騎士。一般に守護者とも言われている者の総称である。選定されるのは、卓越した武術と深い学問を身につけている者のみで、何十年かに一度試験を行い、トップに伸し上がった者を守護騎士に任命する方式を取っている。
 また神の依り代を守ることへの責任などから、強い権限を持つことを許され、非常事態の際には許可なしで軍を動かすことも認められる。それと貴族と比べても一回り上の地位を与えられる。
 しかし、その特権の数々を狙い、過去血みどろの争いや金で地位を買い取るという不正な方法で守護騎士の階級を横取りするなどの闇の部分を呼び寄せてしまっている事実もある。過去に何度か金で地位を騙し取っただけの無能な者もいた。
 他に、神の依り代を守る以外に彼らに仇なす者、それから将来邪魔になる者達を“神の依り代から守る”という名目の下に始末する裏の部分も請け負う義務がある。
 だが、これらはルーミュオンが神の依り代を保護し教育するようになった後、時代の流れと共に少しずつ変わっていき、いつの間にか“神の依り代に仇名す者”から“ルーミュオンと敵対する者”に摩り替わってしまい、神の依り代を守るという大義名分から、ルーミュオン家にとって邪魔な者たちを裏で次々と処刑する役割になってしまっていた。
 今では神の依り代の側に立ち、盾となって彼らを守る役目を背負う“ガーディアン”と彼らに仇名す(厳密に言うとルーミュオン家に敵対する)者たちを刃となって始末する役目を背負う“セイバー”の二つに別れている。現在のガーディアンは、コウルマリン=ルーミュオンの兄である“フェディーザ=ウィリーンディアム”、セイバーがフェザーの兄に当たる“ヴォード”である。
 ちなみに当然の如く神の依り代に選ばれた歴代ディセイヴァーにもガーディアンセイバーが2人就いていた。

先代ガーディアン:????
先代セイバー:????
現ガーディアン~フェディーザ=ウィリーンディアム(6年ほど前に就いた)
現セイバー~ヴォード(2年ほど前に就く)

 これもまたマイソロジー1~2に出てくるディセンダーのマイキャラとゲーデというキャラを見て、ふと妄想してみたものです。稚拙でありきたりな設定しか創れませんが、お気に召したなら幸いです。
 それでは今回はここまでで終わりです。お読みくださってありがとうございました!

↓ご協力お願いします。
拍手ボタン 人気ブログランキングへ
PR
【2010/10/25 16:22 】 | 闇烈火本編 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<7代目ディセイヴァーについて。 | ホーム | 闇烈火に出演させるに当たっての冬咲さー様に関するオリジナル追加設定。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>